2015-10-10 21:57 | カテゴリ:バティの日常
今日は文章ばかりですみません。
なんかすごく素敵だな~って思ったので、よかったらお付合いください


先日の仕事帰りに、微笑ましい光景を見ました。

多分豆シバかな~と思われるわんちゃんなんですが
後ろ足が不自由らしく、三輪車の後2輪のような、わんちゃん用車椅子?
を装着して、ママさんとお散歩してました。

その豆シバさん、楽しそうにはねるように歩いてましたが、
ちょっとした段差で上がるのを苦労していると、ママさんが頑張れ~!って。

とくに過保護にするでもなく、ちょっと手を添えて見守っている姿が
とっても温かくて、そしてあまりにも自然で、
ママさんにとっても豆シバさんにとっても足が不自由なことは特別なことじゃなくて
その子がお散歩好きだったら、お散歩する方法を考える・・・というような
普通に暮せるようにサポートするのも当り前のことなんだろうな~。
愛されてるわんちゃんなんだな~って思いました。

かーさんのほのぼのとした気持ちと言いたかったこと伝わったかな~??


わんこと暮らすとなると、思いがけない病気や怪我をするかもしれない。
歳をとると、それなりに色々弱ってくると思う。

バティもあと半年で10歳。
白髪の目立ってきた中年のおじちゃまです。
バティがバティらしく生活できるようにサポートしていけたらいいな。

ずっとずっと楽しく一緒に過ごしていきたいね 

10_10z.gif

わんこ用車椅子って実際に使用しているのをはじめて見ました。
わんこ用の介護用品ってわんこが快適に過ごすためには、とっても大切なんですね。

今まで身近に(Reco House)あったのに、あらためて実感しました。

わんこ服教室の Reco House の先生は、わんこ用介護服を作ってくださいます。
その子に合ったように、その子が快適に過ごせるように
いつも先生が飼い主の方と色々考えていらっしゃいます。

もし、わんこの介護服に悩んでいる方がこれを読まれていたら
Reco先生に相談してみてはいかがでしょう?

Reco House のブログに時々いろいろな介護服の記事がありますよ。

        ブログランキングに参加しています。
   温かい気持ちになりながら、いろいろ考えた帰り道でした。
     下のボタンクリックで、応援よろしくお願いします 
            クリック ポチッ

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://sweetyorkybati.blog59.fc2.com/tb.php/966-b75ee079